【あざとかわいい女子】わざとらしいのに何故男子にモテるの?

あざとかわいい女子…

今話題の「バチェラー」でもあざとかわいい女子が人気になっていますね。

男性は「あざとかわいい女子」だとわかっていても、なぜか惹かれてしまうようです。

たとえば上目遣いやボディタッチしている子を目の前で見たら、女子からすればあざと過ぎる印象だけど、あざとさが見え見えでも好印象を抱く男子は多いみたいです。

 

そもそも「あざとかわいい」とは?

「あざとい」とは本来、「抜け目がなく貪欲/あつらく/小利口/思慮深い」という意味。

良い意味で使われることは少なくて「目的を達成するためには手段を選ばない」というような、悪いイメージで使われることが多いようです。

相手を上手く利用して、自分が得するように立ち回る様子を指す場合に用いられる言葉で、わかりやすく言うと「やり方が汚い」ことを示すようです。

では、最近使われ始めた「あざとかわいい」とは、どういうことでしょうか?

「あざとい」と「かわいい」を掛け合わせた造語で、通称「あざかわ」とも言われています。

あざとかわいいは、男性の気を惹くのが上手な小悪魔的な女性の特徴を指す言葉。男性に露骨にアピールしたり、強欲に相手の気を惹こうとしたりする女性に対して使われます。

 

バチェラーで見る「あざとかわいい女子」

バチェラ-・シーズン1で、みごとにバチェラ-久保氏のハートを射止めたのは蒼川愛さん。

しっかり「あざとかわいい女子」ですね。

今放映中のバチェラー4では、休井美郷さんがあざとかわいい女子と言われています。

途中からグイグイとあざとかわいさを発揮してきたのは…

中野綾香さん。

やはり、バチェラークラスになってくると「あざとかわいさ」も半端ないですね。

バチェラーに気に入られる為には、もう見事に「あざとかわいい」を連発していくんですよね~。

・すっぴんをイメージできる薄めのメイク。
・バチェラーに対しては上目遣い。
・女性らしい柔らかな雰囲気。

すごく目立つ格好をしているわけではないのに、なぜか惹かれてしまうのがあざとかわいい女子の特徴です

 

あざとかわいい女子を目指しても大丈夫?

でも…あざとかわいい女子ってすごいなと思ってはいるものの、一歩間違えると痛い女子になってしまいそうで難しいんです…

あざと可愛い女子とは、女性から見れば「あざとい(ぶりっこ)」と思える仕草や行動、言動をする女性のことです。

同性からは評判が良くないことの多いあざと可愛い女子、しかし男性からするとそのあざといところがキュンキュンするポイントなのです。

男性はなんだかんだでぶりっ子な女性が好き、なんてよく言われていますよね。

まさにその通りで、多くの男性たちはわかりやすい女性らしさに惹かれがちです。

笑顔で話かけられたり、ボディタッチをされたり、お世辞を言われたり…そのどれもが計画的だとしても、可愛いものは可愛い!となるのが男性というもの。

ぶりっ子な女性は時に同性から敬遠されることもありますが、男性からは抜群にモテるのが現実なのです。

でも…あえて「あざとかわいい女子」を目指す必要はないのでは…

 

タイトルとURLをコピーしました